歯科で出来ることがこんなに|歯の救急隊にオマカセ

歯医者

状態で違ってくる

医療器具

歯列矯正について紹介しよう。歯列矯正とは、歯科で行われる治療でいわゆる歯並びの悪さを直すものだ。これは、歯並びの悪さを気にしていても気にしていなくてもしておくことをおすすめする。なぜなら、歯並びの悪さというのは、虫歯や歯周病においてもっとも作条件に成ってしまうのだから。人が虫歯、もしくは歯周病になる原因は、口腔内常駐菌であるミュータンス菌を始めとする各種雑菌が食べかすに群がって糖分を吸収し、酸を発して歯や歯茎にダメージを与えてしまうことにある。ミュータンス菌など各種雑菌は繁殖し、歯垢を生み出す。歯並びの悪さと、歯垢だが、これは大いに結び付きがある。なぜならば、歯並びが悪かった場合、歯磨きによって除去される歯垢が残りやすく、歯磨きの効果が従来よりも薄いことがあるからだ。それに加えて歯並びの悪さにより隙間ができやすく、歯垢が溜まりやすくなってしまうというデメリットも有る。だから歯並びが悪いと歯周病及び虫歯のリスクは大量に増えるため、歯列矯正によって虫歯治療をしなければならないというわけである。歯列矯正で主なのはマルチブラケット法であり、ワイヤーによって矯正していくという方法である。これにより、歯並びの悪さは解消される。他にも様々な手法が有り、人の歯並びの状態によって治療方法は変わる。

ブラシの先が歯に当たらなければ意味がない。歯石も溜まる一方だろう。矯正治療も歯科で数多く用意しており、見えないものから治療期間が短く済むものまで多岐に渡る。それも矯正中の傷みがほぼないというのだから、やりたくないという感情は一切要らないであろう。治療方針は医師と共に決めていくことが理想だが、この治療がしたいという主張は非常に大切だと感じる。