歯科で出来ることがこんなに|歯の救急隊にオマカセ

歯

治療の優先順位

歯型

病院でもっとも嫌われている診療科といえば、歯科があげられる。歯科。つまり歯医者さんだ。しかし、歯科というのは実はかなりの頻度でお世話になることが多い所だ。そうなった場合、歯列矯正をしなければならない。

» 詳細へ

現在人気の治療

歯型

入れ歯から逃れたい場合の治療法に、インプラントがあるが、昔からある画期的な方法である。保険適用ではないため、値段が高くなるが自然な噛み心地を手にいれられると考えるとメリットは大きい。

» 詳細へ

歯科とは

院内

歯科医師というのは国家資格であり、大学にて6年間歯学を学び、国家資格取得のための試験を合格してようやく歯科医師になることが出来る。なお、普通の医師と歯科医師では分野が全く違うため、歯科医師免許を取得しても医師になることは出来ない。また、余談だが歯科医院では人に愛される歯医者を目指しており、歯医者による歯医者のための大会D-1グランプリというものが開催されている。これは覆面審査員が一般客を装って店の状態や接客態度、腕前などを確認し、それを3回チェックする予選をくぐり抜けた後は歯医者の紹介ビデオを撮ったり、決勝戦では頭にある会場でスピーチをしてもらうことになる。ここで優勝すれば、歯医者として優秀な病院であるという証明になり、毎年結構盛り上がっているそうだ。もし神戸近くに在住ならば、話のためにちょっと見てみることをおすすめする。なお、決勝戦の会場は一般客が参加可能だが、有料となっている。

ここで歯の豆知識を紹介していこう。まずは、昔の虫歯の治し方から。まだ歯科医師が国家資格でない時代。昔の歯科医はどんな方法で虫歯を治療していたか。それは実は一昔前の漫画でよく見る、ペンチで無理やり引っこ抜くという方法で治療されていた。もちろん麻酔なんて存在しない時代。助手が羽交い締めをして無理やり引っこ抜いていた。だから虫歯治療とは昔からかなり恐れられていた治療法だったのだ。それがここ数年で進化をし、削らなくても菌を死滅させることに成功しているのであ。る

状態で違ってくる

医療器具

乱立している歯並びを直すためには歯科医師の技術が必要。そのためには一度口腔内を診てもらうことが大切だ。結果、どのような治療内容で進めていくのが具現化することが可能になる。

» 詳細へ